結婚退職後に病院での仕事

私の初めて派遣の仕事は、結婚退職後の病院での仕事でした。私は、独身の時は一般企業に勤めていましたが、結婚して県外へ引越す時に退職しました。あらかじめ、結婚後は医療事務の資格を取って病院で働こう、と決めていたので、まずは勉強して資格を取りました。

その後仕事を探しましたが、求人がいくつかある中で、あえて正職員ではなく派遣という形を選ぶことにしました。理由は、できるだけ早く子どもが欲しいと思っていたので、仮に正職員になってすぐに子どもができた場合に迷惑をかけるのではないかと考えたためです。もちろん派遣として働く上でもいい加減な仕事をしていた訳ではなく、毎日真剣に働いていましたが、労働時間は短時間でした。

働く際は最初に派遣会社に登録し、病院に見学に行ったらその場ですぐに働くことが決まりました。そして派遣会社でマナー研修を受け、電話応対などを練習してから病院での勤務が始まりました。仕事内容は受付が主でした。 初めて派遣社員として働く上で一番戸惑ったことは、何か意見がある時や意見を言われる時、まずは派遣会社の担当の方を通して話をするということでした。正社員の時は、気になることがあれば同じフロアの上司に相談することができました。お互いに状況を詳しく把握しているので、スムーズに話ができました。しかし派遣社員として働いていると、これは現場で直接話し合った方がスムーズではないだろうか、と思うことでも派遣会社を通すので、時には事態が余計に複雑になっているように感じることもありました。

振り返ってみると、私は最初に企業で正社員として働いていたので、新しい職場に変わっても、当時の「当たり前」や「慣れ」の習慣から抜け出せていなかったところがあったように思います。 また、受付は患者さんからのあらゆる質問を受けるため、働き始めたばかりの頃は知識不足ですぐに答えられず、返事に時間がかかってしまうことが多くあり、自分にもどかしさを感じました。私は、このような時に正職員だったら、研修や勉強会があったり、仕事を教えてくれる担当の先輩がいたりするのかもしれないな、と思ったりしました。もちろん派遣社員でも教えてくれる先輩はいました。私は早く一人前になりたくて、手が空いたら質問をしたり、自分で仕事内容をまとめたノートをみてもらったりと工夫をするようにしました。看護師さんや技師さんにも質問していました。そして結局は、どのような働き方であっても自ら動いて知識を身につけるということが大切なのだと感じるようになりました。

また、派遣社員として働いている時に嬉しかったことは、正職員の方達がスタッフの一員として認めてくれていると感じた時です。なくて当然だと思っていた歓迎会をしてくださった時は本当に嬉しく、今でも大切な思い出になっています。また、私の質問に丁寧に答えてくださる時もとても嬉しく感じました。逆に、自分が患者さんの質問にスムーズに答えられたり、「ありがとう」といった言葉をかけてもらえた時にも、働き方に関係なくやりがいを感じられました。 その後子どもができてから仕事を辞めたので今は派遣の仕事はしていませんが、貴重な経験ができ、働いて本当に良かったと思っています。

私が自分の経験から感じたことは、派遣社員には派遣社員の働き方があるのでまずはルールに従って働く必要があるということです。後は、いい仕事をしたいという気持ちを持って自分なりに工夫や努力をしていけば、どのような働き方であっても充実した仕事ができるのではないかと思います。世の中にはいろいろな働き方があるので、その時の自分の生活スタイルや考え方に合う働き方を見つけることが大切だと感じています。