18時までの勤務時間はきつい

私は1か月ほど前にスーパーのレジの仕事をリストラされて、その穴埋めのために新しい仕事をするために、自分でシフトを自由に組むことができる派遣の仕事を行うつもりでいました。そこでアルバイトニュースで交通量のアルバイトの募集をしていたので、その仕事に興味をもったことがきっかけで、そこの派遣会社に早速登録することにしました。

登録するにあたっては必要な書類を書いて、簡単な面接がありました。そこで交通量調査のアルバイトを行うことに加えて、お歳暮の時期でその仕事においても人数が必要なことから、とりあえずそちらの仕事もすすめられました。そして11月の下旬からクリスマス前後までの日程表を提出しました。そこで私はポスティングの仕事は以前から行っていて、その仕事がある週は水曜日、木曜日、金曜日は基本的にはあけておくことにしていて、土曜日と日曜日は休みたいので、少しハードかもしれないと思いましたが、最低でも以前のレジの仕事と同じぐらいの収入を得たいと思って月曜日と火曜日と連続して仕事を入れました。

そしてポスティングの仕事がない週は月曜日と火曜日に加えて木曜日も追加しました。そしてそこで紹介された仕事は百貨店関係の仕事でお歳暮の包装はピッキングで9時から17時という内容でした。しかしお歳暮の仕事は都合上、最初の約束と全く別の場所に回されました。現場が変わるのはまだいいとしても、時間が9時から18時まででした。私にとっては17時と18時では大きな違いがあります。18時までだと本当に体が悲鳴をあげています。月曜日に18時まで仕事をして翌日また仕事となると本当に疲れがピークに達して帰りのバスの中では気分が悪くなりました。

最初の約束と全然違うと思いました。クライアント側の都合などで変更を余儀なく強いられることもありますが、現場が変わるとしてもせめて勤務時間だけは最初の約束と同じ時間帯にしてほしいです。そしてある日、別の現場での出来事ですがそこは9時から17時までですが、8時からの出勤をすすめられましたが、断りました。とにかく私は8時間労働は本当にきついです。9時から始まって17時で終わるならばまだ気が楽ですが、18時までだと思うと本当に気が遠くなってノイローゼになります。

そして反対にうれしいこともありました。その現場は本来ならば9時から17時でしたが、荷物の関係で15時に終わりました。パートの女の人に今日はこれで業務は終わります、と言われて私はその言葉をきいて涙がでるほどうれしかったです。本当に夢みたいだと思いました。確かに日当は少なくなりますが、18時までのように多大なストレスを感じて気が遠くなる思いをするよりははるかにましです。それだけでなく、月曜日と火曜日の連続勤務もきつかったです。とにかくお歳暮の仕事は終わり、18時までの拷問からも解放されました。

これからはまた再びリセットという形になりますが、年明けからはポスティングやもう一つの仕事のティッシュ配りの仕事も 増えると思うので、新しく登録した派遣会社の仕事は基本的にはポスティングの仕事がある週は月曜日だけにして、ポスティングの仕事がない週は月曜日と木曜日にして、火曜日は外そうかと思います。そして9時から17時までの現場にしてもらい、18時までの現場は絶対に断ります。それで仕事がなくなってもそれはそれでかまいません。ストレスが増大して体を壊すよりはましです。

私は仕事をいろいろ掛け持ちしていますが、収入は合計して同じような金額に落ち着くことがわかりました。